育毛に効果的な食事ってどんなもの?

サラダと男性
健康な体をつくるには、栄養バランスの良い食事を摂るように心がけることが大切ですが、頭皮や髪の健康に悩んでいる方にも食事は大きく影響してきます。

どれだけ育毛剤を使ったとしても、不規則な食生活や偏った食事で栄養不足な状態だと髪は成長しにくくなってしまいます。
そこで、ここでは「育毛」に効果的な食事についてお伝えしていこうと思います。
育毛について興味がある方は参考にしてみてください。

育毛に必要な栄養素

まず知っておきたいのが育毛や発毛に必要な栄養素。
それぞれの栄養素が髪に与える働きと、それらを効率良く摂取できる食材をご紹介します。

タンパク質

髪の成分はほとんどがタンパク質でできていて、髪の元とも言えるタンパク質が不足してしまうと、髪は細くなって抜け落ちやすくなってしまいます。

タンパク質は育毛には必要不可欠な栄養素ですが、これだけを大量に摂取すれば良いというものではありません。
肉類・魚類・卵に含まれる動物性タンパク質は、摂取する際に脂肪を同時にとり込むことになるため注意が必要です。

脂肪分を摂取し過ぎると肥満にも繫がり、血液循環を悪化するうえ皮脂が過剰に分泌してしまいます。
そうすると薄毛や抜け毛の症状を悪化させてしまう恐れがあるので、育毛のためには植物性のタンパク質を摂取することがおすすめ。

植物性タンパク質を含んだ大豆や大豆を加工した納豆のような食品・ナッツ類・玄米などを積極的に摂取するようにしましょう。

亜鉛

食事から摂取したタンパク質はアミノ酸に一度分解されて体内に吸収されます。
このアミノ酸は体内で再度タンパク質に合成され、髪や体の各組織を生成するために利用されます。

このアミノ酸をタンパク質に再合成する際に必要な栄養素が亜鉛なのです。
つまり亜鉛が不足してしまうと、タンパク質をいくら摂取しても髪はつくられません。

また、亜鉛には「5αリダクターゼ」という男性ホルモン(テストステロン)を、より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素で、男性型脱毛症の原因となる成分を阻害する作用があるため、抜け毛や薄毛の予防に効果のある栄養素として注目されています。

亜鉛を多く含む食品には、牡蠣(カキ)・レバー・チーズ・うなぎなどがあります。

ビタミンB群

育毛にとって重要な栄養素であるビタミンB群。
その中でもビオチンは亜鉛と同様、タンパク質の再合成を促進する働きがあり、不足すると脱毛や薄毛に繫がります。

また、血管を拡張させ血液の流れを良くしたり、頭皮を含めた皮膚の新陳代謝を活発化させたりする作用も持っており、毛髪の生成に大きな影響を与える栄養素であると言えるでしょう。

ビタミンB群は、単体ではなく相乗効果でより高い効果を発揮するため、多くの食品から摂取することが大切です。

ビタミンB群を多く含む食品には、魚介類・乳製品・卵・レバーなどがあります。
手軽に手に入るものが多いので、毎日の食事にとり入れましょう。

ビタミンC・E

老化の原因となる活性酸素を中和してコラーゲンの生成を促すビタミンC、同じく活性酸素の中和に加え、血行促進などの作用を持つビタミンEはどちらも共に育毛効果のあるビタミンです。

ビタミンCを多く含んでいる食品は、赤ピーマン・黄ピーマン・ブロッコリー・カリフラワーなど。
ビタミンEを多く含む食品には、あんきも・いくら・かぼちゃなどがあります。

育毛に効果的な食事の摂取ポイント

育毛に良いとされる栄養素を食事で摂取するには、栄養に偏りのないバランスのとれた食事を心がけることが最も重要なポイントです。
自宅で調理する際は、できるだけ数多くの食品を使うようにして、外食する時も同じメニューが続かないように気をつけましょう。

1日3食規則正しい食事をとることも重要ポイント。
栄養素の中には体内に蓄積できないものも多く、そうした栄養素は定期的に食事から補給する必要があります。

また、食べ過ぎには注意です。
過剰なカロリー摂取は肥満の原因にもなりますし、皮脂分泌が多くなり血行不良を招いてしまうため、抜け毛や薄毛の症状を悪化し育毛には悪影響です。

髪の健康は体の内側から

育毛のための食事についてお伝えしてきましたが、健康な髪を育てるためにはなんと言っても体全体を健康に保つことが必要です。

でも、栄養バランスのとれた食生活を毎日意識するとなると、なかなか難しい場合もあるでしょう。
そんな時はサプリメントのような手軽に簡単に栄養素を摂取できるものもあるので、上手に活用しましょう。

体の健康が育毛に繫がるということを意識して、毎日の食事の見直しをしてみませんか?
そうすることで髪の発育を促すことができるかもしれません。